冷えは万病の元。

こんにちは! TOKYO JUICEです。

お天気がコロコロ変わる日々ですが、皆様元気でお過ごしでしょうか?

近頃のお客様から

夏バテに効く飲み物はありますか?

とご質問をよくいただきますので、今回は夏バテ対策にオススメの食材や選び方をご紹介していきたいと思います。

まず夏バテになる1番の原因と言えば、内臓の冷え。

お水の飲み過ぎや冷たい飲み物を一気に飲むと、内臓が冷えて消化器官の血流が良くなり、胃腸の働きが低下することにより食欲も低下します。 そしてお腹を下に、水分・栄養分も不足した状態になり、気がつかない間に脱水や軽度の栄養失調状態に陥ってしまいます。

ではそれらを防ぐには?

軽くてストレッチで血流を良くしたり、ビタミンB1・ビタミンC・ミネラルなどを摂取することです。

ビタミンB1は、体内で糖質をエネルギーに分解するのを指す作用があり、アリシンという栄養素と一緒に摂取するとビタミンB1の吸収力がアップします

ビタミンB1が豊富な食材は、玄米・胚芽米・大豆・ナッツ類・ごま・海苔・ほうれん草 など。

そしてアリシンが含まれているのは玉ねぎ・ニンニク・ニラ・ネギなど。

例:うどんや素麺とともに 納豆・海苔・シソ・ミョウガ・ネギ などは、栄養価の組み合わせ的にもバッチリ!

あは市販のスポーツドリンクではなく、加工されていない搾りたてのオレンジジュースやスイカジュースで糖質を補給したり、お水に少しの天然塩とレモンやミント、ベリー類などを入れるのもオススメです。

マグネシウム の記事でも書きましたが、ミネラルは身体にわからない存在で、安い食卓塩に含まれている濃度は摂らないほうがいいですが、塩に天然に含まれるカルシウム・カリウム・マグネシウムなどは、逆に体内の余裕ある検討(塩分)を排出してくれる働きがあります。

お塩を購入する際は、裏の原材料をチェックしてみて下さい。

ビタミン・ミネラルをしっかり摂って、夏バテを解消していきましょう♪

ご飯が美味しい、秋の季節はもうすぐですよ(笑)

今日も読んで下さり、ありがとうございます!

では、良い一日を!! :)

東京ジュース

サイカの略歴

元バレエダンサー。 4歳からクラシックバレエを始め、国内数々のコンクールで入賞。 19歳でアメリカへバレエ留学したのち、帰国後はフリーランスで踊りながら講師としても活動。を学び、現在はTOKYO JUICEで働きながら、看板のデザインやブログも担当している。幼少期からの限界なダイエットや断食症の経験を徹底的に、マインドフルネスな食生活・心も身体も健康的になための方法を広める活動を行っています。

コメントを残す

ショッピングカート

これ以上購入できる製品はありません